So-net無料ブログ作成
検索選択

行く年    [馬]


2009年も有馬記念を残すのみとなりました。

筋金入りの競馬ファンなら「まだ東京大賞典がある!」というかもしれませんね(笑

ブエナビスタが勝てばスターロッチ以来の3歳牝馬による勝利になります。

そのときの鞍上が高松三太騎手。

サンタクロースはどんなプレゼントを用意してるのかなんて、ファインモーションの時も思ってました(笑

1年の締めくくりのレースですから、いいレースになることを願ってます。

さて、今年のレースで印象に残ってるのがこのシーン。


 091226.jpg


ジャパンカップで1コーナーへ入る付近のウオッカとルメール騎手です。

スタート後3ハロンのラップが、12.7 - 10.5 - 12.0 ですから、一番スピードが乗った10.5からスピードを落としながらコーナーを曲がろうとしてるところになります。

グッと手綱を引く拳から腕の緊張感、ブレーキをかけてる様なあぶみにかけた足。

先行しながらウオッカの爆発力を最後まで取っておいたルメールの技術は大したもんです。

来年も短期でガッポリ稼ぐんだろうなぁ(笑


今年の更新は今日で最後です。

みなさんよいお年をお迎えください。

ちなみに私のPCトラブルはまだ解決してません...(´・ω・`)



コメント(2) 
共通テーマ:競馬

通過点    [馬]


朝日杯はローズキングダムが勝って、薔薇一族初のG1制覇となりました。

馬券は穴狙いでやられてしまいましたが、レース結果には納得です。

ただ東スポ杯で叩きあったトーセンファントムの故障だけが残念でした。


 091223.jpg


ローズは来春トライアルを1回使って皐月賞というローテらしいですな。

朝日杯はあくまでクラシックへの通過点ともいえます。

このところクラシックでは不振が続いてる朝日杯組ですが、ついに壁を乗り越えた薔薇一族がそんなジンクスを吹き飛ばしてくれるかもしれません。



コメント(0) 
共通テーマ:競馬

アパパネ    [馬]


先週阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったのはアパパネでした。

アパパネというのはハワイにいる鳥のことだそうで、偶然未勝利戦を撮影してたので紹介します。


 091220.jpg


ウオッカ以降阪神ジュベナイルの勝ち馬は翌年のクラシックを勝ってますから、アパパネにも期待がかかりますね。

しかしこの「ジュベナイルフィリーズ」という舌を噛みそうな名称はなんとかならんのでしょうか?

日本のレースとは思えないよ。



コメント(0) 
共通テーマ:競馬

三連覇    [馬]


2009年のJリーグは鹿島アントラーズが優勝し、初のリーグ3連覇を成し遂げました。

某サッカー解説者風にいうとクラブ力がNo.1ということでしょう。

鹿島流でいうとファミリーの団結力ってとこかな。

このオフは来季のチーム編成に強化部長がどう動くのか注目です。

ところで、競馬界での三連覇というとこの馬でしょうか。


 091215.jpg


オールカマー3年連続勝利のマツリダゴッホです。

ウオッカが府中の女なら、中山はゴッホの庭。 無類の強さを見せます。

昨年の有馬はJC好走のあとにマクリ不発で惨敗しました。

今年は一昨年の有馬制覇と同じローテだけに不気味です。




コメント(0) 
共通テーマ:競馬

私はメーテル・・・    [その他]


今朝は日本上空を通過するISS(国際宇宙ステーション)を見ました。

南西の地平線から現れた光が、北東に消えるまで約5分。

人工衛星を見たのはこれが2度目です。

前回は1999年のしし座流星群が大出現すると予想され、期待ハズレに終わったとき。

富士山の麓で寝転がりながら流星を待ち続けてると、小さな光がゆっくりと移動してるのを見つけました。

『うわっ! UFO!?』

ついに見てしまったと一瞬思いましたが、冷静に見続けると一定のスピードで動いてました。

白い小さな光が一つで点滅しておらず、飛行機とは高度が違うし、銀河鉄道でもない...

あぁ、これは人工衛星だ。 肉眼で見えるんだなぁと感動したものです。


 091208.jpg


あのときの衛星がどんなモノだったのかわかりませんが、今朝見たISSには人間が乗ってます。

宇宙空間にいる人間の乗ったモノ(光だけど)を見たのは初めて。

ガンダムはあそこから大気圏突入したんですなぁ(笑


画像は日本の宇宙開発発祥の地にある999の石碑です。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水無月の夢    [その他]


南アフリカで開催されるW杯の1次リーグで、日本はオランダ、デンマーク、カメルーンと対決することになりました。

厳しい相手ですなぁ... まぁ、どこが相手でも楽な戦いなんてないのがW杯。

日本の勝利を祈るしかありません。

来年の6月は世界中がW杯一色に染まるわけですが、小惑星探査機はやぶさが地球に帰還する予定も6月です。

月以外の天体に着陸した探査機が地球に帰還するのは世界初で、日本の宇宙科学研究の金字塔といっていい快挙になります。


 091205.jpg


国分寺の早稲田実業前にある記念碑です。

日本の宇宙開発は糸川博士のペンシルロケットから始まり、小惑星イトカワからのサンプルリターンを実現するまで進歩しました。

満身創痍のはやぶさが無事地球に帰還(大気圏突入)できるかまだわかりません。

帰還運用ができてることが奇跡に近いような現状ですが、すでにミッション達成度は100点満点で275点。

大気圏突入したカプセルが回収できて、イトカワのサンプルが入手できれば100点満点で500点です。

これはW杯で日本がベスト4になるようなものかもしれません。

私がサッカー小僧だったころ、W杯は出ること自体が夢のまた夢だったなぁ...

帰って来いはやぶさ。

最後のイオンエンジンを吹かし、故郷へ帰って来いはやぶさ。

なんとしても世界を驚かす6月になってほしいです。

http://www.isas.ac.jp/j/enterp/missions/hayabusa/index.shtml


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感