So-net無料ブログ作成

叩き上げ    [馬]


宝塚記念を逃げ切ったエイシンデピュティの戦績はおもしろい。

6歳27戦目でG1制覇までの道のりは見事な出世物語。


 080629.jpg


3歳未勝利でデビューし、500万下、1000万下、1600万下、オープン、G3、G2、G1と順序良く各級を勝ち上がってます。

ダートで勝ち上がり、1600→1000万への降級もあり、G1での降着まである。

いままで騎手は何回も乗り替り、ワールドスーパージョッキーズシリーズではオーストラリアのビードマン騎手を乗せたこともあるけど、何故か地方出身の騎手が多い。

次は世界が目標かな。 まさか障害じゃないよね(笑


(画像は東京新聞杯のパドックでのものです)




コメント(0) 

怪しい標識    [その他]


危ないから禁止です。


 080628.jpg




コメント(0) 

ウイニングチケット    [馬]


こちらはパネルじゃなくて本物のウイニングチケット。 ただし、パネルから14年の歳月が流れてます。


 080625.jpg


昨年の東京競馬場新スタンド完成イベントではるばる北海道から府中に来てくれたときに撮影しました。

今は浦河の優駿ビレッジAERUにいるんですが、今月号の優駿によるとサニーブライアン、ニッポーテイオー、ダイユウサクと4頭で同じ放牧地にいるそうです。

会いに行きたいなぁ。



コメント(0) 

また来年    [競馬場にて]


府中本町と東京競馬場西門をつなぐ専用通路にはいろんなJRAの広告が展示されてます。


 080624.jpg


皇太子殿下御成婚奉祝競走となった東京優駿の勝ち馬ウイニングチケット。

毎年ダービー前になると現れるこのチケットは夏のローカルが始まると姿を消して、別のパネルが展示されます。

もしかすると来年はディープインパクトあたりに新調されるかもしれないので、このあいだ一枚撮っておきました。



コメント(0) 

忘れてた    [馬]


今日から夏のローカル開催が始まりました。

「メイクデビュー福島」ではコスモユウコリンがレコードで勝ったけど、売上は伸びたんだろうか?

東京G1レース5連戦のうちヴィクトリアマイルだけ紹介してなかったので、いまごろupします。


 080621.jpg


エイジアンウインズの勝負服はウイニングチケットと同じ赤、水色一本輪、袖黄縦縞で、G1勝ちはあのダービー以来の15年ぶり。

そうですか、もう15年も経つんですか... 道理でオイラの髪に白いのが増えるわけだ。

ちなみに鞍上の藤田騎手は先週斜行で4日間の騎乗停止をくらったけど、レースでの騎乗停止は12年ぶりだそうで。

特別模範男一生の不覚だったかな。



コメント(0) 

何人たりとも    [馬]


東京日曜10Rジューンステークスはジャガーメイルが快勝。

府中の2400mを連勝してのオープン入りで、父ジャングルポケットという血統からも今後が楽しみになりました。


 080619a.jpg


坂を上がって後続を突き放してからも鞍上の石橋脩騎手は追うのを止めなかった。


続きを読む


コメント(0) 

キビダンゴ    [馬]


東京競馬場で誘導馬をしていたキビダンゴが先週亡くなったそうです。

最近体調を崩していたようで、とても残念なことになってしまいました。


 080616.jpg


画像はジョッキーマスターズのパドックでのもの。

鞍上は現役時に手綱を取ったこともある後藤騎手でした。


先日モモタロサンが東京障害未勝利を勝ちあがったばかりなのになぁ。

オニタイジはいま岩手大学の馬術部にいるようです。

この3頭は馬主が違うのに厩舎は同じ和田正道厩舎。

命名したのは誰なんだろ?



コメント(0) 

JRA重賞通算100勝    [騎手]


サンライズマックスでエプソムCを勝った横山典弘騎手が史上5人目の記録に到達しました。

見事に差しきった会心の勝利にノリちゃんもちょっと興奮したみたい。


 080615a.jpg


こんな派手なガッツポーズはいつ以来だろう?


続きを読む


コメント(0) 

東京最終週    [馬]


今週で2ヶ月続いた東京開催も終了。

来週から新馬戦が始まるが、「メイクデビュー」とかいうワケワカラン愛称がつけられた。

『わかりやすく』 『身近に』 とのことらしい。

お上の考えることは下々の者には理解できんですなぁ。


 080612.jpg


日曜最終レース後には芝コースが開放される予定。

2年連続で雨のため中止されてるイベントで、今年こそはと楽しみにしてる人も多いのでは?

整理券は土曜のうちに確保したほうがよさそうかな。



コメント(0) 

雄叫び    [馬]


ダービー以来1年ぶりの祝杯をあげたウオッカ。

負け続けた日々が嘘のような鮮やかな勝ちっぷりでタイムも優秀。

ダービー馬の本領発揮というところでしょう。


 080608.jpg


殊勲の岩田騎手は鞍上で絶叫してたよ。

ウイニングランでも観客を煽りまくってたけど、アドレナリンが出過ぎたのかな?

もうちょっとインタビューの練習もしておこうね(笑




コメント(0) 

1300回目の春    [騎手]


本日東京競馬8Rで田中勝春騎手がJRA通算1300勝を達成。

ヤンチャな兄ちゃんだったカッチーもいつの間にかベテランになったね。


 080607a.jpg


騎乗したアーバニティはサイレントハピネスやスティンガーの半弟。

スティンガーは安田記念1番人気で負けたっけ。 今の勝春なら勝てたかな?



続きを読む


コメント(0) 

出直し    [馬]


明日のユニコーンSを捨ててダービーに挑戦するも最下位に敗れたサクセスブロッケン。

初の芝がこたえたというのもあったろうが、素質でダートを圧勝してきただけで、まだ馬に実が入ってなかったのだと思う。



 080606.jpg


パドックで撮影してて一番雰囲気のある馬だったのはたしか。

秋は大きいところで活躍してくれることを期待しよう。




コメント(0) 

宿命の血    [馬]


競馬社会はダービーを中心にまわってます。

ダービーが終った瞬間に来年のダービーへ向けて新しい1年が始まるわけです。

いまPOGゲームでダービー馬候補を探しているファンも多いことでしょう。

そんななかで、ダービーよりも天皇賞を目標にしてステイヤーを生産してきたのがメジロ一族でした。


 080603.jpg


目黒記念を逃げ切ったホクトスルタンの父はメジロマックイーン。

メジロアサマ - メジロティターン - メジロマックイーンと続く血統が、4代目の天皇賞馬を誕生させることができるのか?

早くも来春の天皇賞に夢が広がるけど、今秋の天皇賞に勝ってほしい気もする。

アサマもティターンも秋天を勝ってるし、マックイーンには有名な1着降着という事件があり、因縁ということでは秋天の方が深いからね。

問題はステイヤーにとって短い2000mという距離。

現状では厳しいといわざるを得ないけど、あきらめたらそこで試合終了。

盾へ向かって走れスルタン!



コメント(0) 

東京優駿    [馬]


第75回日本ダービーはディープスカイが1番人気にこたえて快勝。

鞍上の四位騎手はダービー連覇をやってのけました。


 080602.jpg


先日ダービーのプレ・レーティングのウオッカとスカイのレーティングが同じだったので、ダービーのタイムを比較してみた。

ウオッカ 2:24.5 (上り33.0)、スカイ 2:26.7(上り34.2)で、なんとスカイのタイムは昨年だと17着と18着のあいだ。

昨年は土曜から良馬場で、今年は土曜不良で日曜は重から回復し9Rからの良なので単純に比較はできない。

なので青嵐賞(2400m)と目黒記念(2500m)も比較をしてみた。

青嵐賞   昨年 2:26.1 (上り35.5)  今年 2:26.3 (上り35.5)

目黒記念  昨年 2:31.4 (上り34.5)  今年 2:31.9 (上り36.3)

どちらも勝ちタイムは昨年よりちょっと遅いだけで、2秒以上も差が出る顕著な馬場差があったとも思えない。

となると展開の違いが問題になるので、通過タイムを比較してみた。

去年 35.8-48.4-1.00.5-1.12.6-1.25.3-1.37.9-1.50.1-2.01.5-2.12.9-2.24.5

今年 35.5-48.4-1.00.8-1.13.6-1.25.9-1.38.1-1.50.3-2.02.1-2.14.3-2.26.7

1000m通過で0.3差、2000mで0.6差がゴールの時は2.2秒もの差になってる。

上がり33秒台の出る馬場かどうかの差か...と思ったら、9R むらさき賞で33.7が出てた。

う~ん...

知恵熱が出てきそうだから分析はプロの方に任せよう(笑




コメント(0) 

復活の日    [馬]


今日は年に1度の10Rダービーと12R目黒記念のダブル重賞が開催される日。

でもその合間の11R富嶽賞(一千万下・ダ千六)に注目してた人も多かったことでしょう。

屈腱炎の治療で2年以上のブランクを経てフラムドパシオンが出走したんです。


 080601.jpg


レースは開放された障害コースのゴール前300m付近で撮影しました。

なにしろ2年ぶりのレースだから半信半疑だったんだけど、ファインダーでパシオンがグイッと伸びて来るのを捉えた時は驚きと同時に納得してしまった。

やっぱりモノが違うと。

この後は脚元と相談しながらになるんだろうけど、JCダートに出てほしい逸材です。




コメント(0)