So-net無料ブログ作成

達人たち その四 [騎手]


さて、達人たちの最後となったのはこの人。


 080430a.jpg


本田といえばテイエムやカワカミよりゴールドシチーを懐かしく思い出すなぁ。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

赤瑪瑙 [馬]


昨日の注目はユキチャンだったけど、レースを勝ったのはレッドアゲート。

小さな馬体だが決め手は強烈なものがありオークスでも期待できそう。


 080428.jpg


鞍上の内田騎手はJRA移籍後初の重賞制覇だったらしいが、全然気がつかなかった。

実は小野次郎騎手のJRA通算500勝達成に注目していたのだ(笑

1/20にリーチをかけてから3ヶ月も499勝で凍りついた状態を、ここでドカンと一発やらかしたらおもしろいなぁと見てたのよ。

でもメイショウベルーガの戦績からいって芝では無理だろうと期待はしてなかった。

それがターフビジョンでリプレイを見てたら最後方から大外を凄い脚で伸びてる。なんと上がりは33.8の鬼脚。

新馬でいいところがなかったのは太め残りだっただけかい。

樫の権利が取れたらおもしろい存在になったのになぁ... 秋に期待しよう。

次郎もがんばれよ。


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

白い恋人 [馬]


今日ユキチャンを目当てに東京競馬場に来た人はどのくらいいたのだろう?

いつものG2のつもりでパドックに行ったら、ちょっとしたG1並みに人が多くてビックリ。

携帯で撮影しようと四苦八苦してる人の多いこと多いこと。

人気だけなら間違いなくG1級だよ。


 080427a.jpg


う~ん、白い、白すぎる(笑


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

達人たち 番外編 [騎手]


達人たちがパドックから本馬場に移動する前に、マスターズを盛り上げた脇役陣をご紹介しておきましょう。

まずは紅一点のこの人。


 080425a.jpg


おすまし顔で誘導馬に乗るのはJRA初の女性騎手の一人、自称・蒲郡のチャン・ツィイー細江純子さん。

大先輩方を前にしてちょっと緊張してたのかな?


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

達人たち その参 [騎手]


自分が東京競馬場に通い始めたころ、そこに今のレジャーランドのような雰囲気はなく、鉄火場という危ない匂いが残ってました。

オグリキャップ以降パドックに若い女の子が増えたけど、その前は馬券オヤジばかりで厳しいヤジも多かった。

達人たちもマスターズのパドックに集まったファンの多さと全員が笑顔というのには驚いたんじゃないだろうか?


 080424a.jpg


馬に乗ってるあいだずっと笑顔だった岡部名人。馬上にいることが何より幸せなんでしょうなぁ。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

達人たち その弐 [騎手]


騎乗命令がかかり馬にまたがった達人たちは、パドックを2周して本馬場に向かいました。

あちこちでファンから声がかかりにこやかに手を振る達人もいれば、現役のような顔つきの達人もいました。


 080423a.jpg


河内のおじさんは千勝騎手の特典廃止がなければ、まだ現役を続けてただろうか?

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

達人たち その壱 [騎手]


東京競馬場で新スタンド完成を記念してジョッキーマスターズ競走が開催されたのはちょうど1年前。

最終レース後にダービーまたはオークスを制覇したことのある元騎手たちによるエキシビションでしたが、メインレースよりも盛り上がったイベントでした。

またいつかやってほしいので、何回かに分けて画像を掲載します。


 080422a.jpg


みなさんご存知でしょうが1枠(左)から紹介しましょう。

1枠1番 河内洋    服色アグネスフライト(2000年ダービー)   2003年引退

2枠2番 中野栄治  服色アイネスフウジン(1990年ダービー)  1995年引退

3枠3番 安田隆行  服色トウカイテイオー(1991年ダービー)   1994年引退

4枠4番 加藤和宏  服色シャダイアイバー(1982年オークス)  2005年引退

5枠5番 岡部幸雄  服色シンボリルドルフ(1984年ダービー)   2005年引退

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

先手必勝 [馬]


皐月賞はキャプテントゥーレが逃げて圧勝。

スタートから迷わず手綱をしごいて先頭へ立った鞍上のファインプレーが光ったレースでした。

川田騎手に拍手を。


 080421.jpg


昨日は中山に行かなかったので、画像は弥生賞パドックで撮影したものです。

母親によう似とるわ。


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

季節感 [その他]


桜も散って新緑のまぶしい季節になろうかというのに、ブラブラ散歩をしていると春とは思えない景色にであったりするからおもしろいものですな。


 080419.jpg


これってどう見ても春ではなくて秋だよねぇ。

植物に詳しくないからわからないんだけど、春でも当たり前な風景なのだろうか?

明日は皐月賞。

春の嵐となるのかな?



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グレートジャンパー [馬]


皐月賞の前日には中山グランドジャンプがあります。

4連覇を狙ったカラジは故障で出走することかなわなかった。

実は皐月よりもカラジを見るのが楽しみだったのに残念無念。


 080417.jpg


これは来日初レースとなった2005年ペガサスジャンプSで返し馬中のカラジ。

すでにこのとき10歳のご高齢で、まさか3連覇するなんて夢にも思わなかったよ。



コメント(0) 
共通テーマ:競馬

疫病神 [馬]


今週はクラシック第2弾皐月賞。

大荒れに荒れた桜花賞に続いて、こちらも荒れそうな匂いがプンプンしてますな。

いつもなら画像は期待の馬をピックアップするところなんだけど、ここで期待した馬がことごとく負けてることに気付いてしまった。

どの馬をピックアップしても、変なフラグを立てられた馬がかわいそうだよねぇ...

というわけで、今回は期待してる馬ではなく単にトライアルのゴール前写真にしました。


 080416.jpg


弥生賞にした理由は、ただスプリングSを撮影してないからです。

さて、マイネルチャールズの運命や如何に?


コメント(0) 
共通テーマ:競馬

怒りと悲しみと [サッカー]

今日の埼玉スタジアムで鹿島サポがとんでもない馬鹿なことをしでかした。

自分はテレビ観戦だから現場を直に見ていないが、upされた画像を見ると「F■CK YOU REDS」と大きな文字をゴール裏に出している。

公共の場で「F■CK」と掲示することの意味を知ってるのだろうか?  しかもアウェイだ。

下手したら埼玉スタジアムでヘイゼルの悲劇が起こるきっかけになりかねない愚挙としかいいようがない。

絶対にやっちゃいけない行為だよ。

時にゴール裏のサポは熱くなってピッチに乱入したりするが、それもカッとなって一時的に分別がつかなくなったことと同情できなくもない。

しかし今回の事は明らかに事前に計画して実行したものである。同情の余地はないと言わざるをえない。

計画の段階でストップできなかったというのが鹿サポの一人としてとても悲しい。

他者に勝つ前に己に勝つことを忘れてしまったら「常勝」の言葉に何の意味もないというのに...


気分を害されたであろう浦和サポの方々には本当に申し訳ないです。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新西蘭 [馬]


ニュージーランド・トロフィーはサトノプログレスが好位から伸びて快勝。

国枝厩舎は3週連続重賞制覇と我が世の春ですな。

そして鞍上の横山ノリ騎乗も好調のようです。

息子が競馬学校に入学したばかりだから、父親として無様なレースはできんといったところでしょうか。


 080412.jpg


我がホッカイカンティはよく追い込んだけど4着。大外枠がちょっと響いたかな。

NHKマイルの優先出走権をとれなかったのが痛い。

今日のところはマイルなら重賞で勝負になるとわかっただけでよしとするか。

問題は次どこを使うかだね。それを考えると3着がほしかったよ、本当に。



コメント(0) 
共通テーマ:競馬

冬の時代 [競馬場にて]

今年2月に競馬専門紙の老舗「ホースニュース・馬」が休刊となった。

地方競馬の廃止が相次ぎ、JRAでも厩舎の廃業、馬主の撤退、売上の低迷など景気のいい話は聞こえてこない状態だから、競馬専門紙が消えるのも不思議なことじゃない。

オイラも競馬歴は無駄に長い方だが、専門紙を買わなくなって何年になるだろう?

買ったことある専門紙はケイシュウ、エイト、ブックくらいで、井崎先生には申し訳ないけどずっと東スポですませてた(笑


 080411.jpg


これは今も府中競馬場駅のホームに残ってる広告。

ペルシュロンとはばんえい競馬に使われてる馬の品種で、体重はサラブレットの倍もあるスーパーヘビー級。

ばんえい競馬も廃止寸前のところでがんばってる。

一度は見に行きたいけれど、その日は来るかなぁ...



コメント(0) 
共通テーマ:競馬

ハヤテのようにあらわれて [競馬場にて]


東京競馬場では2003年の10月から岩手競馬の馬券が発売されてます。

たまに売り場に行き出走馬をチェックすると、元JRAで活躍してた懐かしい名前が10歳を超えて現役で走ってたりする。

一度は行きたいと思っていた岩手競馬だが、売上の不振により廃止が決定されたが関係者の努力でなんとか平成20年度も存続しているという危機的状況にある。

聞いたところによると、岩手競馬のマスコットキャラクターの存続すら危ういらしい。


 080408a.jpg


東京競馬場でも見かける岩手競馬のマスコット「ハヤテ」は、なんとあの手塚治虫先生のデザインなのである。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:競馬